寒さで幼虫が心配、エアコンの代わりに簡易的な温室を作りました

今は2022年の10月。だんだんと寒い時期が近づいてきましたね。

我が家で外出してる間は、

エアコンの電源切ってます

あれ?オオクワガタいっぱいいるけど大丈夫なの??

オオクワガタは0度~30度まで耐えれるから、今の所は大丈夫!だけど、15度を下回るとほとんど餌を食べなくなるから対策するよ!!

簡易的な温室について

なぜ温室を作るのか?セミ化について

冬場は温度が下がり、15度を下回ると幼虫はほとんど餌を食べなくなるため温度管理が必要です。

エアコンで常に暖かい温度にしてると、幼虫は餌を食べて大きくなるから安心!

ところが、、!

いつまでも蛹にならない!!

こともあります。
これは幼虫が寒さを感じれずに蛹になるタイミングを逃したことが原因です。

これをセミ化といいます。

オオクワガタの場合、セミ化により幼虫期間が長くても幼虫期間で一生を終えたり、このことでサイズが大きくなる効果はあまり得られません。

※セミ化→セミは幼虫の間、7年地中にいる。

そのため、幼虫の温度管理は注意が必要です。

エアコン管理したいですが、我が家ではエアコンがブリードルームの隣にあるので代案を探したところ簡易的な温室をみつけました。

ビニールハウスの作成

ビニールハウスのキット

ビニールハウスのキットを購入しました!!材料は写真に載っている物だけで、工具不要です。

元々は植物用ですが、
カブクワさん達のお家になってもらいます。

簡易的な温室

パイプ同士をつなぎ合わせて、柵をのせて、

これを繰り返して、、

、、

ビニールかぶせて、

、、、

ビニール温室完成

完成!!

ここまで作業にかかった時間、

たった5分😂

さっそく、温室に幼虫や成虫を移しました。

い!いい感じだよ!!

この中にサーモスタット付きのヒーターをつければ暖房のかわりにもなり、コスパも良いです。

※多くのブリーダー様が使用されてますが、商品としては昆虫推奨でないです。

幼虫管理

僕は冷暖房がきき、電気代も1時間1円で済む「冷やし虫家」の購入したので、今回はここまでとさせて頂きます。

こちらが冷やし虫家、とてもオススメなので詳細はこちらへ⇩

冷やし虫家で幼虫の温度管理!エアコン不要でコスト削減!!使用感や改善点もご紹介!
オオクワガタを大型で羽化させるため、菌糸ビンは必須ですがそれと同じくらい大切なことは…温度管理です。 我が家の幼虫はエアコン管理してません。なぜなら、 電気代がとってもかかるから… かわりに初期費用がかかりますが、...

このビニール温室で管理する生体ですが、温室内の容器がスカスカだとあまり保温できないので、温室内はいっぱいの容器で隙間を埋めたほうが良いです。とても簡易的ですが少しは寒さをしのげると思います。

購入される方に注意点ですが、生体を乗せている網の部分に、枠がついていないので温室セットを動かすときには注意して下さい。

常時エアコン管理をするか迷われてる方、オオクワガタに限らず少しでも生体を寒さから守りたい方にはぜひオススメです☺

最後に、クワガタのブログランキングに挑戦中なので、⇩をクリック頂けるとめっちゃ嬉しいです😆!にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

それでは(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました